もうひとつの
何をしようかいまさらながら迷っているぶろぐ
プロフィール

Seil

Author:Seil
2009 4/19より復活

健康体ではないものの

頑張って生きてます



裁判員候補年齢にして
精神年齢=14歳病患者

どうしてこんなになるまで
 放っておいたんだ!

みたいな

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
希望のある欲望のはなし
2009-04-21(Tue) 23:32

きょうのおはなし

心臓移植:一己ちゃんに手術を 米で移植目指す、祖父ら募金呼びかけ /北海道


っていうニュースが最近流れてー

一体この子はどうなっちゃうんだろう とか思って。
日本では15歳未満のコに臓器移植しちゃいけないから、外国に行くしかないんだよね。
でも、もちろん外国は自国民を優先で移植するから、機会を待たなきゃいけない。
大体、毎日脳死の人が出るわけでもないし、その人が臓器提供するわけでもないし。
何より、東アジアの闇臓器移植業者牽制の為にWHOが出した
『臓器提供は自国内でまかなうべき』っていう声明が絡んで、大変なんだろうなーって。

下手すると、提供者を待っている間に、この子死んでもおかしくないですよね。


ってことを
ちょっと気になって今日、知り合いのセンセーと話したことから思いついたおはなし






「なんか最近、心臓の調子が悪いなー」



「すいません」

『はい、なんでしょうか?』




「新しい心臓を探してるんですけど」

『 はいはい、何でもございますよ
 スポーツ選手の強い心臓、生まれたばかりの新鮮な心臓
 決して劣化しない人工心臓、病人を装う為の弱い心臓なんかがポピュラーですね。
 今なら大変お買い得でして!心臓に伴う他の臓器も一つサービスして、
 もちろんオプションの強心剤もついて、従来の価格より30%も値引きさせていただきます!
  えぇ、お気づきでしょうが、先日も中東の戦争犠牲者から大量にストックができまして、
 今なら大バーゲンセール中でございます。』

「えーっと」

『最近ですと、こちらのモデルがお勧めですよ。
 何よりこちらのほうは、昨日死にたてホヤホヤですから、何せ活きがいいです!
 えぇ、中東地域からの輸送ですので、若干人種的な遅滞が心配かもしれま

「あの、やっぱりいいです」









「新しい心臓を入れて欲しいんですが」

『突然どうしたんですか?アナタにはそれが必要なほどとは思えませんが』

「最近調子がちょっと悪いんですよ、やっぱり違う人種のは合わないのかも」

『それなら、こちらのリストからお選びください。やはり地域が近い方が馴染みますよ』

「適当でいいですよ。どうせお金はいくらでもあるので。それにしてもこんなに候補者が居るんですね」

『南の方にいけば、家族の心臓を手放してでもお金を欲しがる人がたくさん居ます。
 作った子供を売って、残される家族には大金が残ります。実に合理的じゃないですか。』

「なるほど、ではこちらの……」














別に、臓器移植を否定しているわけではないですが

本来なら別の人の体であるものを自分の体に取り込むってことの重さ。
それが商売として成り立ってしまったら、いったいどうなるのだろうかっていう不安。

何が悪いわけでもなくて、何が良いわけでもないので。
大切なのは、進歩した技術で生き延びることだけではないんじゃないかなって思います。



<< さくらが散ったおはなし | Top | ちょっと驚いたはなし >>

コメント
臓器移植ってすごいよねー。
何がってホントに人の体、内臓がパーツみたいになってるっていうかー。
そんな扱いを受けてるわけではないにしても、臓器移植自体がそんなに珍しいことではなくなってて、「移植すれば助かる」ってイメージがあるくらい、信頼性もできあがってるもので、
移植手術も、人の体開いて臓器交換して針と糸で閉じて。ってぬいぐるみの修理みたいじゃん!
すげー!医学すげー!
ケド、ちょっとだけ怖いって思う部分もあったりね?

そりゃあ商売にしちゃったらだめだけど、今政治家さんたちが頑張って国内での臓器移植のハードル下げようとしてるのはいいことなんだろーなーって普通に思ってた。思った!
やっぱり微妙なとこなんだろーけどね。精神論というか~

「作った子供を売って、残される家族には大金が残ります。実に合理的じゃないですか。」
これに納得してしまって怖くなっちゃったっ
もちろん法律で禁止したって、悪いコトはこの世界でいっぱい起きてるわけだから、この流れを止めるには大金が入らないようにしなきゃいけなくて、でも実際臓器移植うんぬんにはお金がかかるし心臓とかが安い値段で取引されるのもおかしいしー・・・うーんうーん
要は望んでない人から臓器を取り出すわけで、小さい子にはそれを拒めなくて、大金出せば赦しちゃう親がいて、って流れがだめなのかな!

と、さっきからあっちへ行ったりこっちへ行ったりしてるけど、やっぱり「生きたい」って願った人が、明日、あさってって生きていられるっていうのはステキで、すごいことだと思うっさ☆
もちろん臓器移植って実は大変なことが起きたんだってこととか、誰かの体のものが自分の中で動いてることとかをちゃんと知って欲しいし、せーちゃんのお話みたいなじゃなく、ちゃんと本人の善意の意思(遺志?)のもとで提供された臓器を使ってる。っていうのが前提だけどね?
消えてしまいそうだったところを助けてもらった命を祝福する。ってこと自体はいいことだもんね?

ああー。でも心臓の臓器提供者を待つってことは、悪い言い方をすれば心臓が使える死人が出るのを待つってこと?
うーん・・・。
URL | うのはな #jdgj8OxM
2009-04-22 03(Wed) [編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://anotherseil.blog25.fc2.com/tb.php/142-9da7a177
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。